ブログ村「ラブラブカップル部門」に挑戦しています!

【弾丸トラベル】タイ王国のサムイ島でバカンスしてきた!サムイ島旅行レポート!




どうも、弾丸トラベラー、おふしょるんです!

おふしょるん

今回はとびうおを置いて、おふしょるんは最高にノリのいい友達パリピ(おふしょるんが密かに勝手にそう呼んでる)とサムイ島に来ています!

え、サムイ島って寒いのかって?

いやこれがですね、めちゃ暑い。なぜなら、タイだから。永遠夏よ。

夜の気温でも30℃ですよ、奥様。

ちなみに世界にはアッツ島ってのがあってそこは激寒らしいです(笑)

そんな、タイの離れ小島にやってきたよ!

サムイ島の空港

まず飛行機から降りたらこんな感じのバスが待機してました。

吹きさらしの、、、バス、、、?

今からサファリツアーにでも出発できそうなバスですね!

さてさて、サムイ島の空港は正直とても小さいです。

イミグレーションと荷物受け取るところは外。ここも吹きさらしかーい!

customと呼んでいいのかというレベルでただcustomという看板がある箇所を通過すると、SIMカード売ってるお店が並んでいます。

出たところすぐに3つくらい並んでるんですが、真ん中が人気だったのでおふしょるんも釣られて真ん中へ。

SIMカードのお値段、なんと

3 Days 89タイバーツ(約320円)

しかもインターネット無制限ですよ。タイの現地での電話番号も付いてきます。激安すぎません?

ちゃんと4Gだし、実際に使ってみてなんら問題ありません。

日本でWiFiなんちゃらとかローミングなんちゃら買ってくるより、絶対に現地で買う方が安いのでオススメします。

空港から市内への行き方

おふしょるんはGrabで行こうかタクシーで行こうか、どうしようかな〜なんて考えながら歩いていました。

すると、欧米か西洋人の人達が1箇所で固まって何かを待っているのを発見。

ときどき、野生の勘が働くおふしょるん。

ん、これは、もしや、、、?!

少し戻るとトランスポートサービスの看板あり。

「ミニバス?」とタイ人の可愛いお姉さんが、聞いてくる。

ミニバンをシェアして、各ホテルまで連れていってくれるサービスのことのようです。

値段は地区によって違いますが、恐らく安い。

私はチャウェン地区だったので130タイバーツ(468円)

ここでふと気になったおふしょるんはGrabをチェーック!!!

?!

?!?!

思わず二度見。というか、二度確認。

そのお値段、なんと590タイバーツ

何があったの?!Grabで行くと5倍だよ?!ぼったくりもいいとこだよ?!

そう、実は事前に調査していたおふしょるんは知っていたのです。

行先、時間帯によって、Grabかタクシーどちらが安いか変わることを。

タクシーは見当たらなかったので値段いくらなのか比較することは出来なかったのですが、

空港からは皆さん、このシェアバスで行くことを断然オススメします。

なにより安いし。

他の人とシェアすると時間かかるのかと思いきや、同じ地区でバンが分かれるので全然そんなことありません。

バンが、来るのを待ったのもたぶん5-10分くらい?何の問題もありませんでした。

あ、ちなみに空港内にはコンビニがなかったです。(おふしょるんの視界には映らなかったヨ)

ただ、市内に出ると、セブンイレブン、ファミリーマートが乱立しているのでご安心ください。

なんか2つのコンビニが横に並んでる所もあったので、恐らく島内にたくさんあるんじゃないでしょうか。

ホテル到着

空港から約20分くらいが経過したところでホテルに到着。

今回、我々が宿泊したのはチャウウェン地区にある「Samui Resotel Beach Resort」

到着してから、アジアあるあるの謎のカラフルなウェルカムドリンクが渡されました。(着色料どうなってるんだろうって毎回思ってる)

さてさて、気になるお部屋はこんな感じ。

浴室も広くて、お風呂(シャワー付き)と別にシャワー部屋があってかなり広めです。

オーシャンビューのお部屋にしたのでベランダからの景色は最高でした。

ちなみに、徒歩3分くらいのところにファミリーマートもありますのでご安心を。24時間だったはず。

ブレックファーストと、ベランダからも見えるプールが最高なホテルでした。

プールは謎に最深2.5mという、ここでスキューバダイビングの練習でもするんですか?っていうプールでした笑

プールバーもありました。軽食だけじゃなくてしっかりしたフードもそろえてあり、ドリンクも頼めるし、スタッフのお兄さんは優しいし、ほかの旅行客と気軽に話したりと、プールで十分楽しめちゃいます。

プールを通り過ぎると、もう目の前にはビーチが広がっています!

残念ながらここの海はそんなに綺麗ではない笑

ここでおふしょるんとパリピは遊び道具を発見してしまいました。

浮輪!!!!!浮輪を大量に運んで歩いているおじさんを発見するや否や、交渉からの購入に至る。

おふしょるんはユニコーンの浮輪、パリピはスイカの浮輪を購入。

あの一時噂になっていたユニコーンの浮輪、みなさんご存知ですか?インスタの為だけじゃん!みたいな浮輪です。

実はおふしょるん、あの浮輪ずっと欲しいなと思っていたんです・・・!

でもね、購入しようとすると結構お値段するし、とびうおに要らないって言われるので躊躇していたのです。

とびうお

この人、また遊び道具買ってる、、、

一つ800バーツ(約2900円)と言われ、「二つ買うから安くして!」と鬼の交渉する二人。

最終的に二つで1200バーツに着地。

日本では交渉という文化がないので慣れないとは思いますが、交渉が普通の世界のアジアでは、観光客には高い値段でふっかけてくるので、みなさんも負けじと交渉してみてくださいね

はじめはいやいや、ありえないでしょ?みたいな値段からスタートするのがコツです。

私は二つで1000バーツから交渉に入りました笑

夜市・ナイトマーケット

やってきました、チャウェンのナイトマーケット!

やはりシーフード系が多いですね!

そこら中に水槽があって、ロブスターやら魚やら貝やらがいろいろ置いてあります。

我々もロブスターに惹かれ、食べました!

焼くのではなく、スチーム仕上げで注文しました。値段は忘れてしまったのですが、安かったと記憶。

あと、このえび?、日本では見かけないのですが、マレーシア、インドネシア、タイで見かけます。

見た目よくわかんないと思うんですけど、ザリガニみたいな原型してます。

これの揚げたのを前にバタム島で食べたことがあって、ここにもあったので注文しました!

いっつも名前が分からないので私は写真を見せたり、指さし注文しています。

あとはやっぱり、、、、♡

とびうお

チャンビールだ!すぐお酒飲んでる~

やっぱりナイトマーケットに来たら欠かせないですよね、ビールは。

あとはやはりタイ料理も食べたいねということで、トムヤムクンスープ!

後日、別のタイ料理の店でトムヤムクンスープを注文したのですが、

このマーケットのトムヤムクンスープの方が辛くて、コクがあって、美味しかったです!

是非、このマーケットでもタイ料理を試してみてくださいね。

ツアーに参加してみよう!

続きは次回、ツアーの記事をこちらに書いているので見てみてね!

【タイ・サムイ島】タオ島&ナンユアン島ツアーにサムイ島から参加してみたよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です