ブログ村「ラブラブカップル部門」に挑戦しています!

【タイ・サムイ島】タオ島&ナンユアン島ツアーにサムイ島から参加してみたよ!

サムイ島ブログ第二弾!!

第一弾の内容も面白いからまだ見ていない人は見てみてね!

おふしょるん

第一弾でも記載していましたが、サムイ島自体の特にチャウェン地区の海はそれほど綺麗ではなかった。

綺麗な海を欲していたおふしょるんとパリピは、事前に調べていた離島に行きたかったのである。

Koh Tao(タオ島)&Koh Nangyuan(ナンユアン島)のツアーを探しにいざ、出発~♪

ちなみに、Kohはタイ語で”島”のようですね。Koh Samui(サムイ島)然り。

どこで予約しよう?

ストリートのそこらへんにツアーを催行しているお店があります。

我々の場合は、さ、ツアー探しに行くか~とホテルを出たら目の前にツアー催行してるお店があって、もうそこですぐ予約しちゃいました。

店の名前は特に表記なく、看板に「Tourist Information」とだけ表記がありました。

街中にも「Tour」とかシュノーケリング、カヤックをしている写真が貼ってあるお店がありますので、そういうところは大体ツアー販売しているので、とりあえず話を聞いてみてOKです。

値段は?

さてさて、気になるお値段ですが、我々は目当てのKoh Tao(タオ島)&Koh Nangyuan(ナンユアン島)のツアーを早速発見!

パンフレットには大人2200バーツ(約8000円)小人1700バーツ(約6000円)

少し値切れないかなと思っていたら店員の方が今予約するなら1700バーツだよと、なんと向こう側から値引き価格を提案。

あ、もうこいつらは値切ってくるなと感づいたのでしょうか?笑

だいぶお安くしていただきましたので、そのまま予約。基本的には現金で支払います。

ただ、後ほど出てきますが入島税が100バーツ、フェリーのところで払ってねと言われました。

つまり、全部で1800バーツです。正直、これからお話しするこのツアーの内容を加味してもこれは激安。

内容としては、Koh Tao(タオ島)&Koh Nangyuan(ナンユアン島)の二つの島周遊、ランチ、シュノーケリング用品、ライフジャケット、飲み物(水、ソフトドリンク)すべて込みで6400円です。

行く価値、アリアリです!!

7:40 ホテル出発

こういうツアーは大体朝早く出発します。

でも、宿泊ホテルまでバスで迎えに来てくれるのでとっても楽ちんです。

他のホテル宿泊客もぼちぼち拾いながら、ボート乗り場まで到着。

謎にここのボート乗り場、イケてました。

席もたくさんあるから座って待てるし、カフェもあるし、コーヒー・水は無料だし。

さてさて、ボートに乗り込んで出発!

ボート内に大量の水とジュースが用意されているので、いつでももらえます(ちなみに無料ですよ)

一時間半ほどボートに揺られ、途中大雨にも見舞われましたが、無事にナンユアン島に到着。

10:30 ナンユアン島

ナンユアン島到着です!

ナンユアン島は入島税を取っていて、一人100バーツ(約380円)ですが、私たちはフェリー船着き場ですでに支払い済みなのでリストバンドを見せて入島。

ナンユアン島は自然の美しさを保護し、守るために、プラスチックの持ち込みを禁止しています。

スタッフにも注意されると思いますが、ボート内で配られる水のペットボトルもボートに置いていきましょう。

絶景が待つ崖へ!

山の中をハイキングして絶景が待つ崖へ!スタッフの方が往復45分かかるよと言っているのをきいてパリピは少し諦めかけていましたが、

オフショルンがどうしても見たかったので頑張ってともに昇ってくれました。

ここにとびうおがいたら一目散に駆け上がっていくんでしょうけどね。。。

こんな感じで割と険しい階段を何段も、険しい山道の中昇っていきますので皆さまお気をつけて。。。

まあおふしょるんは水着でサンダルで駆け上がっていったので、蚊のこととかすっかり忘れてたんですよね~

みなさんには気を付けてほしいから言っておきますが、めちゃめちゃ蚊いるので、虫よけスプレーしていったほうがいいです。

私は地上に降りてきてから背中3か所、足5か所、腕3か所刺されているのに気づきました(遅い)

おふしょるんは昔から蚊にモテモテなんですよね、、、嬉しくない、、、

階段しんどいし、蚊に刺されるしで大変ですが、昇りきるとそこには美しい景色が待っています。

そして45分はかからないと思いますw

ただし、割とガチで崖だし結構危ないので気をつけましょう。

シュノーケリング

絶景を見終えた我々はビーチへ戻り、いざ海へ!

海は透き通っていて、エメラルドグリーンていう感じの色でとても綺麗です。

シュノーケリングの用具ももちろん貸してもらえますし、ツアー代に込みなので追加で払う必要はありません。

ライフジャケットをボートに置いてきてしまったアホな我々はそのまま泳ぐことに。

※大変疲れるので、体力と水泳力に自信のない方はやめましょう。ライフジャケット忘れないようにしてください。

もう浅いところから魚がうじゃうじゃいます!しかもこの子ら、全然人間を怖がらないようで(?)結構近くに寄ってきます。

私がお魚と仲いいのがバレていたのかもしれませんね?なんちゃって、、、☆

いやでも本当に小さい魚から大きな魚、カラフルな魚もいっぱいいます!ナマコもいっぱいある~

しかもここは結構自由に泳がせてくれるのでとても楽しかったです。

ナンユアン島には一時間半滞在できました。

最後すかさずビールを購入してしまったのですが、

このすぐ後に行くランチの場所の方がビール安いので、みなさんはおふしょるんみたいに早とちりしないでくださいね。

12:30 タオ島

ランチ

こういったツアーのランチは大体ブッフェ形式なんですが、ここのランチはタイ料理づくめでめちゃくちゃおいしかったです!

フライドチキン、グリーンカレー、米、優しい味のするスープ、そしてビールの大きいボトルが90バーツ(約300円)くらいだったと思います。

ブッフェといってもスタッフの方が各々ついでいってくれるし至れり尽くせりでした。

おかわりもできますよ!

ランチの場所でカヤックができるので、ランチをさくっと終えた我々はカヤックへGo!

カヤック

二人乗りのカヤックに乗ります。めちゃめちゃ暑いけど、とても気持ちがいい!

ビーチ周辺を漕いでるだけでも水が透き通っているので、周りを見渡すだけでもきれいです。

エメラルドグリーンの水の中を覗くと、ここにも魚がいます。

きれいな海でカヤックをするのは疲れるどころかこんなにも気持ちのいいものだったんですね。

15:00 パンガン島

パンフレットには載っていなかったのですが、最後にサムイ島からすぐ近くにあるパンガン島に寄りました。

一時間ほどしかないとのことだったので、ビーチでのんびりするでもいいし、上にあるカフェにいってもいいよと言われ

カフェでのんびりしようと思ったわけですが、ここのカフェが最高です。

バリとか東南アジアでよくみられる、自然の中にあって、木造なわけです。ふきさらしです。

ハンモックもありましてのんびり過ごすには最適です。

ドリンクはもちろん、軽食、フードもそろっていました。

ここで飲んだ「ココナッツラッシー」が美味でした。

ゆっくりしていると、何やら地元の人ががビーチで魚をとる網を引っ張り始めました。

魚が捕れてる捕れてる、すごいですね。しかもさらにはその魚たちを素手で殺していくんですね。

地元の民、強すぎる。ここまでは、まあ理解できますね?ですが、、、この後の衝撃映像が私はもう忘れられません。

そもそも、おふしょるんとパリピはなぜ、「あの地元の民は海に入っているのにジーパンを履いているのだろう?」と疑問を抱いていたわけです。

すると、なんと、その殺した魚をジーパンの後ろポッケに突っ込みました。

?!?!

魚の気持ち、、、ていうかそのためのジーパンだったの??

余談はさておき、このカフェは素敵だったので寄られることをお勧めします。

さて、これですべての旅の行程は終了!サムイ島へ戻ります。

17:00 ホテル到着

パンガン島からはフェリーでおよそ15~20分ほどでサムイ島へ戻ってきました。

そのあとは各々のホテルへバスで送迎してくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

これだけ盛りだくさんで綺麗な海を見れるツアーなのにもかかわらず、一人たったの6400円です。

人が少ないところも魅力的でした。観光客でごった返しているわけでもなく、しかもほかのツアーの船よりも一歩先に動くツアーだったので、到着した時は空き空きの状態でのびのび遊ぶことができました。

サムイ島に行ってみたら是非とも、このローカルのツアーに参加してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です