ブログ村「ラブラブカップル部門」に挑戦しています!

【寒さゆえの一人暮らし悩みあるある】一人暮らしの家を880円+税で寒冷地仕様にしてみた!だれでもできる簡単寒さ対策を紹介!



とびうおの生息地は極寒地帯

とびうおの生息地は、日本でも指折りの寒冷地域なんです!

寒いのサイコー♡

おふしょるん

とびうお

寒いって、コート1枚羽織っておしゃれコーデ!ってレベルじゃないからね

寒いってことは、雪がいっぱい降るんでしょ!?

どこに行ってもそう聞かれます。確かに雪が降る地域もありますが、雪なんか気にしてられないくらいに寒いです。とはいえ、僕からしたら夏場に死ぬほど暑い東京で暮らすことを考えたら、ストレスの少ない環境ではあるのですが、寒い地域には寒いなりの問題があるんですね。

寒い地域の悩みあるあるをいくつか紹介して、そのうちの1つを今回は解決してみたいと思います!

極寒地帯の冬の悩みあるある

寒すぎてお風呂から出れない

冬のお風呂って最高ですよね!でも一人暮らしの学生さんはよくわかると思いますが、浴槽にお湯を貯めて入るなんてことほとんどありません!

浴槽にお湯を溜めない理由としては

  • 1人しか入らないのにもったいない
  • めんどくさい

こんな理由から浴槽にお湯を溜めない人たちは、真冬であってもシャワーで生活するのです。

だからシャワーから上がった後に、扉を開けると地獄のような寒さが襲ってきます。屋内なのに。(笑)

お風呂が大好きなとびうおでもこれは参っちゃうね…

おふしょるん

家でも足先は冷え冷え

冬場は、室内であっても寒いものです。

フローリングからひしひしと伝わってくる冷たさは、末端冷え性の足にはつらいものです。だからおうちに帰ったらモコモコの靴下を履いて生活します。

モコモコの靴下を履いていれば、フローリングに直接触れることなく、温かいまま居られます。

とびうお

頭寒足熱、作業がはかどるね!
とびうお家でニット帽も被ってるじゃん!!

おふしょるん

窓際が北極のように寒い

窓際がとてつもなく寒いんです。外気温は真冬だと氷点下5度なんて平気でしたまわります。-5度まで冷えたガラスはとってもとっても冷たく、室内がどんなに温かくても、窓だけは温まりません。

室内と室外の温度の違いで、窓はひどく結露てびしょびしょになっちゃいます。

寒い地域に住む人は、ベッドの位置と、窓の位置を確かめて配置しているんですね。窓際にベッドを置いてしまうと、寒くて寝れないなんてこともあったり。

エアコンもっと強くしたい、電気代気にしてあまり強くできない

みなさんは冬場にエアコンを使うタイプですか?

1人暮らしをしている大学生に聞くと多くの人がエアコンの暖房で生活していると言っていますが、エアコンの暖房ではなかなか温まらなかったり、電気をとても消費するので控えめにしか付けられない…という悩みもあります

電気代を気にするあまり、エアコンをケチって風邪をひいてしまったら意味が無いので、ちゃんと使いましょうね!

とびうお

ここまで寒い地域だったら、エアコンじゃ足りない!やっぱり灯油ストーブがいいよ!

灯油ストーブ

こういうやつですね!

このタイプのストーブは温まるまでがとても速いので、朝起きて付けてもすぐに部屋を暖めてくれます。1人暮らしの5~8畳くらいの部屋であれば、5分もしないうちに温まってしまうのでとても快適ですよ!

ただし、灯油を買ってこないといけないので、車がないと少し不便かもしれません。

窓をプチプチで寒冷地仕様にしてみた

寒冷地にはやはりそれ相応の悩みがありました。今回とびうおは、そんな悩みのうち、

  • 窓際が北極のように寒い
  • エアコンもっと強くしたい、電気代気にしてあまり強くできない

この2つを解決する、だれでもできる簡単寒冷地仕様化DIYをしてみたいと思います!

窓ガラスにプチプチを貼ることで防寒対策

寒い地域に住んでいる皆さんなら知っているかと思いますが、窓ガラスにプチプチを貼って寒さ対策をすることは定番中の定番です!

なんでプチプチを貼るだけで寒さ対策になるの?

おふしょるん

そうなんです、プチプチは中に空気が入っていて、これを窓に貼り付けることで空気の層ができ、外からの冷気を室内に入れにくくして、室内の温かさを外に逃がさないようにしてくれます。

羽毛のダウンジャケットとか着たら、あたたかいですよね?原理はそれと同じです!

ホームセンターでプチプチを購入

近くのホームセンターでプチプチを買ってきました!

やはり寒い地域のホームセンターはわかっています。入り口を入ってすぐのところにプチプチコーナーが準備されていました笑 来店2秒で買い物を終えて帰宅します。

施工はとっても簡単

さて買い物を終えたので、早速貼り付け作業に取り掛かっていきたいと思います。

今回貼り付ける窓は、THE・一人暮らしの窓っていう感じのこちらです

※Amazonの箱が散らかっているとかそういうこと言うのは禁止です

汚すぎ…

おふしょるん

幸い角部屋ではないので、大きな窓が1つついているだけです。この窓さえ寒冷地仕様にしてしまえば、この部屋の対策はばっちりです。

貼り方はとっても簡単!まずは窓のおそうじ!

何かの粗品でもらったタオルを使ってきれいにしていきます。

窓が汚れていると、プチプチがうまく張りつかないことがあるのでこの作業が一番大事!

とびうお

拭かなくてもいいか!って適当にやったらすぐはがれちゃいました!ホコリとか小さな汚れも丁寧に落としましょうね

次にプチプチを窓のサイズにカットして、合わせていきます。

事前に窓のサイズを測っていたのですがちょうどいいサイズのプチプチが売っていなかったので少し大きめのものを購入しました

とびうお

カットの時に、数センチ窓よりも大きくしておくと後で調整ができて、きれいな仕上がりになります

貼り付けは霧吹きを窓に吹きかけて、ノリのついた面を貼り付けるだけです!とっても簡単!

余りに簡単すぎて写真を撮り忘れてしまったのですが…

数センチ大きく切っておいて、はみ出るように貼り付けます。

このはみ出た部分に、カッターを当てて窓枠に沿って切ると…

ピリピリっと気持ちいい音を立てながら余らせておいた部分がはがれていき、完璧な仕上がりになっていきます!

こうすることで、窓のサイズピッタリになるので、最初のカットの段階でピッタリ合わせようとするのではなく、貼り付けてからカットという流れをお勧めします!

実際に効果はあるの?

実際に効果はどのくらいあるのでしょうか?

実際に窓の近くにきても、窓から来るひんやり感はなくなりました。

この対策をしてからは、ストーブの熱が逃げにくくなり、部屋を長時間温かいまま保てるようになりました!このおかげで、灯油の使用量も大きく削減できましたし、寒さに震えることも少なくなりました。

たった1枚のプチプチを窓に貼り付けただけの効果とは思えないくらいの効果があります!

寒さ対策でプチプチを貼る注意点

ここまではプチプチを貼るメリットについてのみお話してきましたが、少しだけ注意点もあるのでこちらも確認して下さい!

プチプチによって長時間温かいまま保存されているので、それだけ長い間、窓が結露しているということです。つまり何がいいたいかというと、カビです!そのまま一冬放置しているとカビがついてしまい、衛生的に良くありません。イメージ的には1ヵ月に1回くらいは好感した方がいいかと思いますが、僕もそうでめんどくさいので、2カ月に1回は交換しましょう!

たったの880円ですし交換もたったの20分程度で完了するので、健康にも気遣って、たまには交換してあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?

寒い地域に住んでいる方は定番かもしれませんが、都内にお住まいの方でも、対策をしてみたら今よりももっと快適に生活ができるかもしれません。一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です